東三河の児童養護施設へクリスマスプレゼントpart1

現在、東三河地域では283名の子どもたちが親と離れ児童養護施設・乳児院で暮らしています。
今年もSNSでの投稿や当活動を応援してくださっている方々にお声がけし、クリスマスプレゼントの協力を募集したところ49組の方から合計48万8304円の寄付金を、匿名希望の2名の方から子どもたち一人一人へお菓子の詰め合わせを、(株)甲羅様からは90個のマフィンをいただきました。
多くの温かいご支援のおかげで、今年は東三河にある児童養護5施設と1乳児院にクリスマスプレゼントを届けることができました。

23日。まず向かった豊橋若草育成園さんでは50名の子どもたちがホールで待っていてくれて、一人ずつにお菓子を手渡し出来ました。お隣のひかり乳児院さんでも50名くらいの赤ちゃんが様々な理由で保護されています。

続いて田原市の赤羽根学園さん。
元気に運動場で遊んでいた子どもたちですが、私たちが来たことにすごく喜んでくれ迎え入れてくれました。子どもたちといっぱい触れ合うことが出来嬉しかったです。39名の子どもたちにお菓子を渡すことが出来ました。でも写真に写っていい子はこれだけ…。一緒に撮りたいって言ってくれるのに悲しい現状です。
もっと早い時間に来れたら遊べたのに夕飯の準備の時間に。また来年も来るねと約束しました。

24日。豊川の光輝寮さんでは43名の子が暮らしています。おやつの時間もご一緒させてもらい、早速喜んで食べてくれていました。陶芸部の子が作ってくれた作品をプレゼントしてくれ涙です。大切に使わせてもらいます!

午後は豊橋平安寮さん。67名の子が暮らしています。パプリカの踊りと歌をプレゼントしてくれました。思わず感動して泣けてしまいました。

年末年始も本来ならば家に帰り家族と一緒に過ごせるはずですが、虐待などで家庭の問題を抱える子どもたちが多いため、ほとんどの子が帰ることが出来ないそうです。
part2に続く。