MENU

社会的養護の現状

日本で約45,000人。2018年現在、社会的養護が必要と確認されている子どもの人数です。愛知県では1,900人以上が保護されています。その多くの子が親と離れ施設や里親の元で暮らしています。虐待や貧困、その他にも親の病気や服役、死別など理由は様々ですが、いずれも子どもたちは心に大きな傷を負い、将来にも精神的・経済的な不安をもっています。

抜け出しづらい悪循環

施設などに保護された子どもたちは入所やそれに伴う転居、また心理的・身体的なダメージにより本人の能力とは関係なく学習の遅れを抱えてしまいます。自分で自分を責めたり諦めてしまったりすることも多く、成長するにつれても現実の問題に直面し学習する意欲が失われやすい傾向があります。
進学できないまま施設を退所し正規の雇用につけず生活に困ったり、水商売や望まない妊娠など不安定な環境や孤独感から貧困の連鎖が続いてしまう現状があります。施設で育った子が、自分の子を施設に預けてしまうことも少なくありません。
幼少期の愛情や経験は人格形成に大きく影響します。子どもは自分で育つ環境を選べません。

当会は子どもたちの抱える問題について多くの人に知ってもらうきっかけの場として『名刺交換こども支援プロジェクト』の活動を中心にこのホームページで情報を発信していきます。

名刺交換こども支援プロジェクト